もふもふ状態

平凡な日々の日記やFPS・MAD関係の記事を書きます?

-- --/-- --

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

この記事と関連する記事

スポンサーサイト

(-)TB(-)

AFTER「ついに大会前々日

BEFORE「びふぉーあふたー

2012 12/16

Razer Mamba2012 レビュー

今日はデバイスレビュー記事です。

Razer Mamba2012


■プレイ環境
Game⇒Alliance of Valiant Arms
解像度⇒1024x768(4:3)
センシ設定⇒振り向き21.5cm(DPI1200、1000Hz、ゲーム内3 windowsデフォ)
マウスパッド⇒Razer Scarab

■仕様
接続方法⇒USB 有線/無線 ハイブリッド
センサー⇒レーザー&オプティカル 4Gデュアルセンサー
DPI⇒100~6,400 DPI (100DPI刻みで設定可能)
レポートレート⇒125Hz、500Hz、1,000Hz から選択
ボタン数⇒7
電池寿命⇒約16時間(連続使用時)
重量⇒129g

■形、ボタン類
s写真
・サイズ的にも結構大きめで重たい方なので基本的にはかぶせ持ち安定だと思います。
自分は基本かぶせで本気で連射するときだけ手のひらだけ浮かせてつまみもどきにしています。

・表面のラバー加工も素晴らしくて汗をかいてなくてもしっかりもてます。
またサイドにシリコンゴムの滑り止めがあってこれが最高にフィットします。
この加工のおかげでつまみで持った場合でも安定してもてます。

・クリックは両クリックとも浅く、軽く、タップなどで連打しやすいです。
結構敏感で慣れないうちは誤入力が増えるかも、自分もよく右クリ誤爆でグレ投げちゃってます。
撃つのが早くなった感覚があります。

・サイドボタンはカチカチとほどよい硬さで誤爆とかは多分起きないと思います。
押しやすい位置にあるのでサイドでQCとかする人はやりやすいと思います。

・DPI変更ボタンはロジクールのG500と同じような位置にありますね。
左クリックと分離しているので間違えて押すことはないです。便利な機能だと思う

・ホイールは軽めよりの程よい感じ、区切り間はあるので回しすぎたりすることもないと思う
ホイールで自分はQCなのでこの快適さは心地よい!ホイールクリックもちょい硬めで押しやすい

■センサー
s写真 (2)
(裏面画像 コードの着脱スイッチ・ワイヤレスのON/OFFスイッチ・ワイヤレス認証ボタンがついている)
・センサーは4G Dual Sensorを搭載していて、レーザー式、光学式の両方がついてます。

・自分の環境ではtalent、SWIFT,Scarabで使用しましたが、安定して動いています。
マウスパッドを選ばないセンサーだと思うので相性はあまり気にしなくてもいいかも??
でも多分プラが一番相性良いと思う。

・DPIは100~6400まで100刻みで5段階くらいまで作れます。

・直線補正は入ってないです。加速も感じません。

■ドライバー

・設定できる項目は多めですが、使うのは恐らくボタンの設定、DPI設定,ポーリングレート設定位だと思います。

・表面識別較正はフリーズ等不具合報告が多いのでOFFにしています。
(環境によってはONにすると良くなる場合もあるよう)

・SurfaceCalibration(リフトオブ調整機能)元々リフト低めなのでOFFで良いと思います。
(大体1円玉1個か2個で反応しなくなります。)

・ホイール部分の光る色を選択出来ます。個人的には赤か紫がカッコイイ

■無線機能
使ってないのでカットします。

■まとめ
値段が1万円とかなり高価なマウスですが、それだけの価値はあると思います。
ここ最近はSENSEIを初めとして8000円↑のマウスが多いのでそこまで気にならないか・・・?
自分は特に高級なグリップ感とセンサーが気に入りました。
またメモリー内臓なので一度設定さえしてしまえば、挿すだけでオフラインやネカフェで自宅と同じように使えます。
このマウス・・・イチオシです。


他に聞きたい事、気になる事等あればコメントかaskfmでどうぞ!


スポンサーサイト

この記事と関連する記事

Razer Mamba2012 レビュー

(0)TB(0)

AFTER「ついに大会前々日

BEFORE「びふぉーあふたー

COMMENT

MESSAGE

非公開コメント

Top

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。