スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

NEW机!(∩´∀`)

前々から高さが気になり、横幅のなさにも悩んでいたマイデスクですが

ついに・・・生まれ変わりました!



after





何ということでしょう!
今まであんなに狭く息苦しかった机が、
吹き抜けと天板の広さによって開放感あふれるPCルームへと生まれ変わりました!



横幅80cm⇒110cm
高さ75cm⇒72cm
なんというか・・・すごく・・・快適です・・・


これでプレイ環境は完璧に近くなった!!

後はプロバイダーの変更さえ完了すれば恐れるものなんて何もない!!


机と椅子はここの物を使っています

机⇒おきがるデスク
椅子⇒禁断の全部入りパソコンチェア

名前と広告がかなりアカーン奴ですが性能は割と良いです。
椅子はもう2年使用していますが今のところ壊れることもなく快適><
スポンサーサイト

鍋オフしてきた+プレイスタイル

昨日はあのDIKERとゆきらいん家にて鍋オフをしてきました( ^ω^)

DIKER先生は昔の写真に比べてかなり成長していらっしゃいました。サイズ的な意味で(ry
ゆきらいんはイメージよりもさわやかだった。(童顔だと思ってた

早速鍋の調理のはずが・・・まさかの俺とゆきらいんは場所の確保だけで鍋の調理はDIKER先生に一任!!!
しかし元料理人(?)のDIKER先生の作る鍋は普通においしく正直驚いた・・・Σ(゚д゚)

まあ鍋をつつきながらもやはりやる事といえばAVAなわけでして。
まず椅子も何もかも違うので難しい!!
家の主であるゆきらいんのプレイを見せてもらったのですが
まず画面の近さに吹いた、そしてセンシの高さにも吹いた(約10cmだが振り向き5cmくらいに見える)


ゆきらいんぽん
↑ゆきらいんスタイルはこんな感じ

有名なFPSプレイヤーに画面が近い人がいるのは画像で見たことはありましたが
リアルで近い人を見たのは初めてでしたw
まねしてみましたが俺には無理でした^q^

自分の環境はかなり距離をきっちりと取ってるノーマルなタイプなので
ゆきらいんスタイルは無理ですねーセンシも振り向き30cm前後なので10cm以下の世界とか目が追いつかない!!


↑自分の環境はこんな感じ、画面は遠いほうがやりやすいかなーもうちょい遠くても良い


あのDIKERさんのプレイ画像はありませんが、レーシングゲームをやる要領で
AIMをする方向やキャラの動きにあわせて体を動かしていました(´・ω・`)
プロゲーマーはやる事が違ったわ・・・


そういえば今日、みんちから頂いた1000WMで、FGを48が見えた瞬間に5個買いしたらまさかの大当たり!
前から欲しかったFGをついに手に入れてしまった!

しかし・・・今の俺にはparaのほうがやりやすい気もしてくるという・・・!
野良でぼちぼち使っていこうとおもいまーす(´・ω・`)!

SteelSeries Sensei レビュー

最近発売されたSteelSeries Senseiですが
つい先日 TUKUMOでサンプルを触っていたら予想以上にしっくり来たので即買いしてしまった!
数日使ったのでレビューを書いて見ます。

・比較する場合はEC1との比較になります。




<公式スペック>
重量: 102 グラム (0.22 lbs)
高さ: 38,7 mm (1.5 in)
横幅: 68,3 mm (2.7 in)
縦幅: 125,5 mm (4.9 in)
形状:SteelSeries Xaiと同一
ドライバ:不要


1.形状
表面はメタリック加工がされていてピカピカしています。しかし驚くほど滑りません。しっかりと掴めます。
汗を書いても安心のグリップ力!
銀色なので目立ちませんが神経質は人は指紋等が気になるかも
左右はラバー系の素材なのでまったく滑らなくてGOOD
大きさはEC1と比べると少し小さいです。また高さも低いと思います、少し平べったい感じかも
ケーブルは布なので少し固め
重量に関しては数値上よりも軽く感じます。重心の問題かな


2.ボタン、ホイール・ソール
左右のクリックはとても反応が良く軽いです(EC1よりは軽い)、また軽い衝動で誤作動する事はないです。
サイドボタンに関しては少し小さめなので押しにくい感じですが位置は悪くないので慣れですかね
逆サイドの方は押しにくいので使うことがないかも!
ホイールに関しては硬くもなく程よい感じです。
ソールは全然滑らないタイプでも耐久性はよさそう、滑りを重視する人はすぐに張替えることをお勧めします。


3.センサー
現在布製padのzowie G-TF speedを使っておりますが、飛びなどの不具合もなく好調です。
またプラ製のZOWIE SWFITでも問題は発生しませんでした。

以下設定項目

・EXACTSENS
DPIの変更項目
1から11400まで1の単位で調整が可能です。(前のマウスのDPIにあわせやすいです)
EC1で500だったのでsenseiでも500にしています

・FREEMOVE
直線補正の変更項目
0から10までの範囲で設定が可能です。
EC1の直線補正は3あたりかと

・EXACTACCEL
加速の変更項目
0から10までの範囲で設定が可能です。基本的には0で良いかと,
現在0に設定していますが加速を感じる事はないです。

・EXACTAIM
逆加速の変更項目
よくらかないですがあまり必要ないものかと!0にしてます。

・EXACTLIFT
リフトオフディスタンスの高さの調整項目
0%から100%までの範囲で設定が可能です。基本的には低い数値が良いかと、自分は16%にしてます。

・POLLING RATE
ポーリングレートの変更項目
125,250,500,1000Hzの範囲で設定可能です。プレイするゲームや環境に合わせるのが良いかと
自分は1000Hzに設定にしています。



3.総評
本体自体の完成度も高く、カスタマイズも細かくでき、ほとんど穴のないマウスだと思います。
またドライバーが不要なのでオフラインなどにも問題なく使用できます。
問題点はソールの滑らなさ、価格の高さくらいでしょうか!他に悪い所が見つからないので神マウスですね


これからの自分のニーズは
1万以下⇒ZOWIE EC1/2
1万以上⇒sensei
になりました。

適当なレビューで申し訳ない( ^ω^)何か質問があればコメントでどうぞ






プロフィール

クーデレ

Author:クーデレ
-AVA-
HN:cooldere⋆

access
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。